DISCOVER
見つける

「江戸東京野菜」とは?

「江戸東京野菜」とは?

DISCOVER 見つける

かつて江戸は野菜の名産地。全国の野菜が交わる“野菜の交差点”でした。

江戸時代、参勤交代で江戸に暮らしていた大名たちは、懐かしい郷土の野菜が食べたいと、自身の藩から野菜のタネを取り寄せて、江戸の下屋敷で育てさせました。さらに幕府直営の畑には全国から野菜作りの名人が呼ばれ、新しい品種と共に、高い栽培技術がもたらされました。こうして、江戸は全国から様々な土地の野菜のタネと栽培技術が集まる“野菜の交差点”になっていったのです。
当時、世界最大の100万人都市に成長していた江戸の近郊には、人々の食を支えるために田畑が広がっていました。幕府や大名の畑で知識を得た農民たちは、新しい品種や栽培法を自分たちの畑にも取り入れ、それが各地に根付いてさらに改良されます。やがて、練馬の「練馬大根」、江戸川区小松川の「小松菜(伝統小松菜)」などのように「この村の、あの野菜がおいしい!」と評判になるほどの“ブランド野菜”が次々に誕生。昭和の森のある多摩地域を含めた江戸近郊は、全国でも有数の野菜の名産地となっていったのです。
こうして江戸近郊の各地に根付いた野菜は明治以降も作られ続け、長い歴史の中で東京の気候風土にあった在来種として、豊かな野菜文化が受け継がれていきました。

昭和の高度成長期以降の「野菜の画一化」で、伝統野菜がピンチに!

現在は、東京はもちろん全国どこのスーパーに行っても、野菜はほとんど同じ形、大きさの物が並べられています。これは1970年代の高度成長期に、形や大きさがそろって流通しやすく、発育速度が同じで容易に大量生産ができる「交配種(F1種)」のタネによる野菜づくりが日本中で進み、全国で“野菜の画一化”が起こったから。交配種はできた野菜からタネを採取しても、翌年同じものはできません。一代限りのタネなので、生産者は毎年タネを購入して育てます。いわば、後世への命のつながりを持たない野菜です。
一代限りの交配種の野菜づくりが主流になるにつれて、何代もタネを採取して野菜の命を受け継いできた在来種の野菜を育てる人は激減しました。生産者が、自家用に細々と栽培してタネをつないでいる状態に陥ってしまったのです。
しかし1980年代も終わり頃になると、「このままでは、地元に昔からある野菜のタネがなくなり、地域の農と食文化が失われてしまう…」との危機感から、在来種を地域のブランドとして育てようという機運が全国で広がりました。「京野菜」や「加賀野菜」の名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
じつは「江戸東京野菜」もその一つ。1989年、当時JA東京中央会の職員だった大竹道茂さん(現・江戸東京野菜・伝統野菜研究会代表)が、タネがなくなる危機感から調査・保存活動を始め、2011年には「江戸東京野菜」が商標登録され、今では48種類(2017年12月現在)の野菜が調査の上、認定されています。

不ぞろいだけど、野菜の味が濃くておいしい。食べてつなぐ伝統野菜。

東京オリンピック・パラリンピックを前に、今、東京のブランド野菜として江戸東京野菜に対する注目も集まっています。しかし、東京は人口増加による農地の宅地化によって農家をやめる方も多く、「江戸東京野菜のタネをつなぐのは時間との闘いだ」と大竹さんは語ります。
食べる人がいるからこそ、伝統野菜も生産者も残る…でも、いざ私たちが江戸東京野菜を食べてみたいと思っても、食べたり買ったりする場所がまだまだ少ないのが現状です。
そこで、日本料理の名店「昭和の森車屋」の料理長の匠の技で、江戸東京野菜と東京の新鮮な地場食材で地産地消を楽しむ美食クラブ「昭和の森 四季彩 和倶楽部」がスタート!お食事の前には、農地で実際に収穫体験もして、楽しさと理解を深めます。
「形は不ぞろいでも野菜本来の味が濃くて、生命力のあるおいしさ」そして「江戸と東京の歴史の物語がある」…それが江戸東京野菜の魅力です。あなたもおいしく食べて物語を楽しみながら、伝統野菜をつなぐ一人になってみませんか?

第1回目の「拝島ねぎ収穫体験&一日限りの拝島ねぎ特別会席」イベントは11月18日(日)に開催します!

保存保存

保存保存

保存保存

イベントの詳細・参加申し込みはこちらから